優良企業はもれなく導入!長期的な社員教育

優秀な社員に選ばれる企業になる方法

社員を“選ぶ”より“育てる”時代へ

求職者に選ばれる優良企業がこぞって注力する社員教育。なぜ今、長期的な社員教育が重要視されているのでしょうか。 企業が直面している現実や労働者が企業に求める環境、そして充実した社員教育が評価される理由について、それぞれの視点からみてみましょう。

社員教育が企業を守る!

社員教育は未熟な社員のためだけのものではありません。なぜならば、社員教育の担う役割は実務的能力の習得だけではなく、社員として働く上で非常に重要な能力の育成も兼ねているからです。 社員教育によって得られる能力やメリット、そして社員教育を怠った際に抱える可能性のあるリスクについて考えます。

社員教育は高コスト?

社員教育を充実させたいとは思うものの、そこにはどうしてもコストがかかります。しかし、多少のコストをかけてでも、社員教育に注力することが重要です。短期的には高コストに思えるかもしれませんが、長い目で見ればより大きな利益を生み出すことでしょう。

社員教育に注力している企業が選ばれる理由

テレビCMや電車の広告など、あらゆる場面で広告されている転職サイトの数々。今やその名前を見ない日はありません。新卒社員の3年以内離職率は3割を超えており、10年以内になると6割が離職するというデータもあります。もはや現在の若い世代の社員にとって、終身雇用など“時代遅れ”といっても過言ではないでしょう。
そんな現代社会では企業にも努力が必要です。せっかく優秀な社員を採用しても、ぞんざいに扱っていれば、簡単に見切りをつけられてしまいます。さらに最近では「第二新卒」(=新卒入社後1年以内で転職する人)という採用のカテゴリもあり、新卒社員であっても、早期転職に対するハードルは低くなりつつあります。
では、優秀な社員を確保するためにはどうすればよいのでしょう。
労働環境の改善、福利厚生の整備…そういったことももちろん重要ではありますが、今、求職者から選ばれるような優良企業が取り入れているのが、長期的な社員教育です。
時間をかけて教育を行うことで、社員が働く上でのストレスは軽減されることが期待できます。また、じっくりと社員と向き合うことにより、企業と社員の間に生じる軋轢や不満要素などを早期に発見、解決することも可能になるでしょう。社員との信頼関係を築くためにも、有効な手段となり得るのです。
これからの企業成長においては、即戦力としての人材を求めるだけでなく、長いスパンで未来を見据え、社員を育てていくということが必要になっていくのではないでしょうか。